ランモード 車の日傘

車の中での熱中症死亡事故を予防するには、

車の中の温度の上昇を防ぐこと。

では、

日傘をさせばいい・・・

車に日傘ってw

そんなの見たことないw


って、そんなのんきなことを言っていられない事態が。


「リモコンのスイッチを押すと・・・車の上に大きめのパラソルのようなものが、開く」んですね。

その形、まさに「車の日傘」なんですね。

ランモード(Lanmodo)っていう商品なんだそうです。


「ランモードは、車のルーフをすっぽりと覆ってしまい、
そうすることで、直射日光から、遮断することで、
車内の温度の上昇を、抑制する」んだそうです。


※猛暑の日中、日が当たっているところに、
車を30分駐車しただけで、
なんと、車内の温度は、70度にも達するという・・・

これでは、熱中症にもなりかねない。
というか、間違いなく、命が危険な状態に。


ところが、同じ条件で、この「ランモード」を挿しておくと、
車内の温度は、どのぐらいになるのかっていう実験を行ったところ、
屋外の温度が、32度だったときに、
車内の温度が、33度だったんだそうです。

たったの1度だけ・・・そのときの気象条件にも、よるはずですが。

これは、「ランモード」は、それだけ効果的だっていうことが、言えそうですね。


「ランモード」は、取り付け方も、簡単みたいです。

車のルーフに、置いた後に、
レバーを下げることで、
屋根に吸盤が、吸い付くようになるんだそうです。

あとは、ランモードのリモコンで、傘を開いて、
付属しているバンドを、
ドアミラーや、ドアハンドなどの4箇所に引っ掛けるだけで、完了。


※「ランモード」の取り付けが、コレだけ簡単だと・・・盗難の心配も。
でも、この「ランモード」は、付属のリモコンでしか、
開いたり、閉じたりができないことになっているので、
そうそう簡単には、取り外すことができないように、できているんだそうです。

また、4箇所に引っ掛けるバンドなどには、
ワイヤーが入っているので、切ることも、難しくなっているんだそうです。


​こちら⇒Lanmodo|熱/埃/雨/鳥の糞などから愛車を守るポータブルカーテント「ランモード」


※オプションのパーツを使うこと車だけではなく、レジャーのときの、ビーチパラソルといった用途にも使えるんだそうです。

 

車 買取

 

 

 

© 2017 ランモード rss