輸入車販売台数ランキング

日本の自動車の市場は、閉鎖的っていう噂もありますが・・・

実際のところは、どうなのでしょうか。

噂とは違って、日本での輸入車の台数は、増加傾向にあるんだそうです。

(どこかの大統領に、声を大にしていいたいですね・・・)


比較対象としては、日本国内の2016年の新車販売台数は、497万台。

対して、輸入車の台数は、34万台。

輸入車の販売台数は、年々増加傾向にあるっていうことなんだそうです。

それだけ、国内メーカーが、押されてきているっていうことも、言えるっていうことにも、なりますね。

っていうことは、そんなに閉鎖的ではないっていう証拠とも、いえるはずですね。

 

では、どこのメーカーさんが、多いのでしょうか。

3位は、フォルクスワーゲン

2位は、BMW

1位は、メルセデス・ベンツ


おお、やっぱり、ベンツは、強いですね。

まさに「プレミアム」な車っていうイメージです。

ある意味、成功したら、ベンツに乗るっていう・・・

日本では、そういうイメージですね。


対して、残念なのは、フォルクスワーゲン。

例のアメリカ市場での、ディーゼル車の燃費不正の影響は、

アメリカだけにとどまらなかったっていうことですね。

日本では、そういう燃費不正の車種は、販売されていなかったのに、この数字は、痛いですね。

それ以前は、日本では、15年間もトップに君臨していたのですから。

今後の巻き返しを、どのようにするのか、注目です。

 

車 買取

 

 

 

 

© 2017 輸入車販売台数ランキング rss